脇毛の自己処理

脇毛の自己処理をずっと続けると後悔することに

安易なムダ毛処理はキケン

脇毛を剃ったり抜いたりといった自己処理をずっと続けていると、毛穴や肌が傷ついてしまって、取り返しがつかない状態になっちゃうので要注意。

カミソリや毛抜きでの処理は手軽だし、ほとんど費用もかからないのでついついやってしまいがちだけど、安易なムダ毛処理はとってもキケン。キレイな肌をキープするためにも今すぐやめた方がいいですね。

毛抜きやカミソリでの処理はキケン

ちなみにずーっと剃ったり抜いたりの処理をしていくと、具体的にどういう肌トラブルがおきちゃうのでしょうか。

自己処理による肌トラブル

自己処理を続けるとどうなる?

毛嚢炎や炎症性色素沈着がおきる

まずなるのが毛穴が赤くブツブツになる状態。

毛抜きなどで抜くことでよくおこる症状なんですが、無理やり毛根から毛を引っこ抜くことで、毛根が傷ついて出血。そこからばい菌がはいって炎症がおきてブツブツになるワケです。

これがヒドくなっていくと、色素沈着をおこしてシミみたいに黒ずんでしまうことに。こうなるとちょっとやそっとじゃ治らないので、ホント後悔することになります。

自己処理したらワキがブツブツになっちゃった。悲しいよ〜

水着はもちろん、半袖やノースリーブなんかも恥ずかしくて着れなくなっちゃいますね。

埋没毛になっちゃう

その他よくおこる状態として、埋没毛というのがあります。

これも毛抜きでの処理でよくおきる症状なんですが、抜いたりすることで肌が傷つき、その傷が治るときに毛穴がふさがってしまうことがあるんですね。

そうすると毛が毛穴から出られなくなってしまって、皮膚の下に埋もれてしまうことに。毛が表面に出られずに皮膚の中で成長してしまうんです。

埋没毛を無理やり出すと、さらに肌が傷ついてしまうことになるので注意。ちなみに埋没毛は脱毛サロンで光を照射しても効果がありません。

肌が硬くなる瘢痕化がおきる

その他の状態としては、肌が硬くなって最悪鳥肌みたいな感じになる瘢痕化。

これは抜いたり剃ったりした時に肌が傷つくことでおこります。肌というのは、いったん傷つくと新しい皮膚を作ってその部分を修復しようとするんですね。新しい皮膚(瘢痕皮膚)というのは、なんと以前よりも硬い皮膚になってしまうんです。

これ、傷つけば傷つくほどどんどん硬くなっていくので、まさしく負のスパイラル。気をつけましょう。

肌に優しい脇毛処理が大事

ムダ毛処理だけじゃなくて、常にキレイな肌でいるというのは、モテ女子になるためにはすごく重要なこと。

肌にダメージを与えない方法で脇毛処理をすることが重要ですね。

肌もキレイになるワキ毛処理がオススメだよ

ミュゼなら360円で肌もキレイに
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

脇毛がすぐ生える悩みを解決する方法トップページへ

脇毛がすぐ生える悩みを解決する方法は、トップページから確認することができるよ。